著作権を侵害したら

動画サイトの動画については、たとえばそれをダウンロードするだけでは著作権の侵害にならない可能性が高いです。私的使用であれば合法であると考えられているからです。たとえば動画サイトの動画を自分のパソコンにダウンロードする行為は法的には複製をしていることになります。私的な範囲内の複製については私的複製が適用されるため、個人用途に限るならば著作者の許可を得る必要はなく違法にもなりません。ただし、その動画サイトで動画のダウンロードを禁止しているケースもあります。サイトの規約としてそのような条項が含まれているならばダウンロードをするべきではないでしょう。

たとえば動画をダウンロードしてそれを投稿動画サイトに無断でアップロードする行為は著作権の侵害となります。この場合、公衆送信権の侵害として罰則があります。その内容は著作権侵害と同様であり、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金とあります。これはあくまでも上限であり、実際にはもっと軽い罰則となることが多いです。それでも罪であることには変わりなく、著作権者からの警告を無視して著作権を侵害し続けるようなことがあれば、重い罪が課せられることになるでしょう。著作権には気をつけてください。