動画サイトの著作権

著作権というのは著作物を保護するための権利です。著作物というのはその人の思想や感情などを創作的に表現したものであると説明されることが多いです。著作権を有するのはその著作物を作った人であることが一般的です。著作物として含まれているものは映像や音楽、写真、絵画、小説などであり、当然動画も含まれています。

動画サイトにはいろいろな種類があります。たとえば誰でも簡単に投稿できるYoutbeがあるのですが、そこに許可なく他人の著作物をアップロードするのは著作権を侵害していることになります。プロが作ったものであろうとアマチュアが作ったものであろうと関係ありません。ただし著作権フリーの動画も存在しており、この場合は自由にアップロードすることができるでしょう。

動画の著作権というのはその動画を制作したものにあります。動画サイトの場合は、たとえばサイト運営者が許可を取ってから動画を公開していることもあります。この場合、サイト側はきちんと許可を得ているため著作権を侵害していることにはなりません。しかし、その動画サイトを利用している人は、その動画を許可なく無断で別の動画サイトにアップロードしたり、私的な目的を超えるような利用の仕方をしてはいけないのです。

外部リンク→http://www.assetmanager.jp/contentid/
Youtubeに無断で投稿された動画の権利を守る著作権保持者向けのサービスです。