著作権を侵害したら

動画サイトの動画については、たとえばそれをダウンロードするだけでは著作権の侵害にならない可能性が高いです。私的使用であれば合法であると考えられているからです。たとえば動画サイトの動画を自分のパソコンにダウンロードする行為は法的には複製をしていることになります。私的な範囲内の複製については私的複製が適用されるため、個人用途に限るならば著作者の許可を得る必要はなく違法にもなりません。ただし、その動画サイトで動画のダウンロードを禁止しているケースもあります。サイトの規約としてそのような条項が含まれているならばダウンロードをするべきではないでしょう。

たとえば動画をダウンロードしてそれを投稿動画サイトに無断でアップロードする行為は著作権の侵害となります。この場合、公衆送信権の侵害として罰則があります。その内容は著作権侵害と同様であり、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金とあります。これはあくまでも上限であり、実際にはもっと軽い罰則となることが多いです。それでも罪であることには変わりなく、著作権者からの警告を無視して著作権を侵害し続けるようなことがあれば、重い罪が課せられることになるでしょう。著作権には気をつけてください。

動画サイトの著作権

著作権というのは著作物を保護するための権利です。著作物というのはその人の思想や感情などを創作的に表現したものであると説明されることが多いです。著作権を有するのはその著作物を作った人であることが一般的です。著作物として含まれているものは映像や音楽、写真、絵画、小説などであり、当然動画も含まれています。

動画サイトにはいろいろな種類があります。たとえば誰でも簡単に投稿できるYoutbeがあるのですが、そこに許可なく他人の著作物をアップロードするのは著作権を侵害していることになります。プロが作ったものであろうとアマチュアが作ったものであろうと関係ありません。ただし著作権フリーの動画も存在しており、この場合は自由にアップロードすることができるでしょう。

動画の著作権というのはその動画を制作したものにあります。動画サイトの場合は、たとえばサイト運営者が許可を取ってから動画を公開していることもあります。この場合、サイト側はきちんと許可を得ているため著作権を侵害していることにはなりません。しかし、その動画サイトを利用している人は、その動画を許可なく無断で別の動画サイトにアップロードしたり、私的な目的を超えるような利用の仕方をしてはいけないのです。

外部リンク→http://www.assetmanager.jp/contentid/
Youtubeに無断で投稿された動画の権利を守る著作権保持者向けのサービスです。

著作権について

最近はインターネット上で気軽に動画を楽しめるような時代となりました。ネット上にはいろいろなコンテンツが存在しており、それによって暇な時間はなくなってしまうほどです。無料で利用できるようなサイトはたくさん存在しており、日本だけではなくて海外のサイトも含めると非常にたくさんの動画サイトがあります。動画サイトによってたとえば映画やドラマを楽しんだり、あるいはアニメを観たり、ライブに熱狂するといったことができるのです。無料のサイトだけではなくて有料のサイトもあります。お金を支払うことによって、さまざまな作品を気軽に観ることができるのです。

動画サイトはとても気軽に利用できるため忘れてしまうことが多いのですが、動画にはきちんと権利関係が存在しています。きちんと法律によって権利が定められており、それを守らなければいけないのです。動画サイトに投稿された動画も著作権保護の対象となっているのです。動画サイトの動画には著作権があり、そのため自由にそれを利用できるわけではないのです。あくまでも認められた範囲内でのみしか利用することができます。

著作権についての話題が最近はいろいろなところでされるようになりました。しかし、著作権についてあまりきちんと理解していないという人は多いのではないでしょうか。こちらでは動画サイトにも関係する著作権についての説明をしましょう。現代社会を生きる人にとってとても重要な知識となっているのです。ぜひとも参考にしてください。